交換をしないとどう危険?ブレーカーがもたらす脅威

ブレーカー

コンセントから火花

コンセントに繋いでいるコードを抜き差ししている時に火花がバチッときたことがありませんか。それが僅かな時は大丈夫なのですが、大きくなると火傷や火事の原因になるので注意が必要です。

電化製品が原因

電化製品の製造年数が超えている状態で使用し続けると感電をする危険性があると言われています。最悪のケースでは死に至る場合もあるので、必ず専門知識を持った専門家に依頼するのが得策です。

漏電遮断器の故障

漏電遮断器があれば漏電や火災などを防ぐことができるのですが、漏電遮断器自体が故障をしていたら元も子もありません。ですので、定期的に交換するように心がけておくと良いでしょう。

屋内外配線の故障

屋内外配線はその名の通り普段は目に触れないところに設置されているので、素人が良し悪しを決めることができません。ですので、定期的にブレーカーの点検や交換をしておけばトラブルを防ぐことができるでしょう。

業者に相談しよう

ブレーカーを交換するためには専門知識を持った業者を呼ぶのがベストと言えるでしょう。では、どういった業者がいいのか知りたいなら下記を参照してみるといいかもしれません。

ブレーカーが落ちる原因ランキング

no.1

電気の使いすぎ

一気にたくさんの電気を使うことによってブレーカーが落ちる原因で1番多いとされています。ですので、電気を使う前に必ず使用可能なワットなどを調べておくと良いでしょう。

no.2

漏電

2位に選ばれている理由として、漏電が原因でブレーカーが落ちてしまう可能性もあるからです。そういった場合は、いったん安全ブレーカーを落とすと安全を確保することができると言えるでしょう。

no.3

一箇所から多くの電気を使用している

3番目にブレーカーが落ちる原因として、多いのが電気が一箇所に集中してしまうためと言われています。ですので、家電などのコンセントを1箇所にするのではなく数か所に分けるのがベストです。

[PR]
電熱ヒーターの部品を販売中
安全性の高い製品を探そう

広告募集中